« 歴史魂vol.11「後藤又兵衛」予告 | トップページ | 歴史魂vol.12「塙団右衛門」予告 »

2013年3月10日 (日)

相馬義胤

001

002_2

003

004

005_2_2

006_2

007_2

008_3

009

010_2

………

どうも上の漫画だけでは、やっぱり東北の諸大名の関係性がよくわからないので、

相関関係を図にしてみました……。結局フクザツすぎてよくわからないかもしれませんが…。

Soukanzu_4



<武将FILE>


相馬義胤(そうま よしたね)

Souma_yoshitane平将門を家祖と称した、相馬氏の16代当主。父・盛胤と共に、生涯の多くを伊達輝宗、政宗との抗争に費やした猛将。しかし一時期は田村清顕の仲介により政宗と和睦をしたことがある。その直後、政宗の父・輝宗が二本松義継によって殺され、政宗が出兵した際は援兵を出している。それもつかの間、佐竹義重が北上、伊達氏との人取橋で決戦を挑むと、元来「義」の字をもらうほどの懇意であったため、佐竹氏に応じて政宗に反旗を翻した。ところがこの合戦で政宗が辛勝し、つづく摺上原の戦いでは蘆名氏を破り、ついに伊達氏は、百万石超の動員力を有する大勢力になると、佐竹は北伐を断念してしまう。そのため奥羽で政宗に従わない者は相馬氏だけという、孤立無援の状態に追い込まれた。それでも相馬は5万石に見たぬ勢力で抗い続けた。そこへ豊臣秀吉の小田原征伐への参陣命令に従うことで、なんとか本領安堵を確保した。

以後は石田三成と懇親を深めたが、関ヶ原戦役では東軍に所属した。しかし積極的な行動に出なかったのと、石田に親近したのが仇となり、改易処分を言い渡された。ところが長男・三胤(のち利胤)の弁明が奏功し、かつ政宗に対して一歩も引かなかった不屈の姿勢が評価されたのか、伊達氏牽制のため、再び本領を安堵され、以来中村城を居城にして、明治まで家名を保つ礎を築いた。この三胤が早逝したため、義胤は孫の虎之助を後見して長く家政を見て、88歳で没した。

元々相馬氏は、小高城を本拠にしていたのだが、安堵確定後、中村に移転したのは、水運を利用した交易を可能にする湊が近くにあったためといわれ、先見の明も持ち合わせた名将であったようだ。

|

« 歴史魂vol.11「後藤又兵衛」予告 | トップページ | 歴史魂vol.12「塙団右衛門」予告 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

>中村城様
コメントありがとうございます!
自分も、あの闘志をそのまま形にしたような甲冑を見て、「描きたい!」とずっと思っていて、今回やっとまとめられました。
現在でも相馬の強さを伝える野馬追は、是非見たいものです。五歳の武者がいるとあっては尚更です。
いつか見に行きますので、今後ともよろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2013年9月18日 (水) 08時29分

 まさか大久保先生が相馬を描いて下さっていたとは( ´;ω;`)ブワッ
しかし義胤の甲冑は何でこんなにカッコイイんだろうw最後まで反伊達ってのはやはり清々しいですね。

 ちなみに、今年の相馬野馬追の最年少騎馬武者はなんと5歳(!)
機会があったら見に来てくださいね。相馬家の代表も来ますし、騎馬武者の口上はいいもんですよ!
 

投稿: 中村城 | 2013年9月17日 (火) 21時27分

>足軽様
コメントありがとうございました。仰る通り、
誰が悪いという出来事ではないと思います。
とにかく全てが、善き方向へ進んでいくことを願っています。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2013年8月21日 (水) 20時30分

汚染は言われているほど酷くはないようです。
原発設置によって国からお金が出るので、地元の方々も地域活性の資金にしたかったのでは?大馬鹿者共とかヴァカは言い過ぎですよ。天災による前代未聞の出来事だったのですから・・・

投稿: 足軽 | 2013年8月20日 (火) 01時37分

>相馬の民様

ご感想ありがとうございます!
恥ずかしながら「境の桜」は、ご紹介頂いて初めて知りましたが、
当時の歴史の跡を桜に託したというのがとても良いですね。そして、
お互いを認め合う、敬意なようなものを感じます。

作品のラストを気に入って頂けて、とても嬉しいです。
今後共よろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2013年4月13日 (土) 07時42分

「伊達と相馬の境の桜」というのを思い出しました。
伊達と相馬の歴史を知っている人ぐらいしか、この価値を見いだせないかもしれませんが、
これがどちら側からも切り倒されて来なかったこと。平和への思いの象徴でしょうね。
紛争の原因になる領境に植えた桜が3.11のすぐ後に咲いてくれてます。
漫画の「その後」みたいなまとめになってすいません。ラストとても気に入りましたhappy01

投稿: 相馬の民 | 2013年4月12日 (金) 21時16分

>でし様
毎度コメントありがとうございます。馬の家紋と言ったら相馬氏ですよね。
カウボーイのような坂東武者の気質を象徴させているような感じがして、私も好きです。
そして、大乱から再び大勢力を創りあげた伊達の三代も凄いですよね。
皆が一丸になって、東北を盛り上げていきたいですね。これからもよろしくお願いします!

投稿: 作者 | 2013年3月16日 (土) 09時22分

こんばんは。相馬義胤来ました!私は相馬氏の家紋が好きです、「相馬の馬追い」を連想させる躍動感あるデザインは他家と違った個性が際立っていると思います。
伊達稙宗の婚姻戦略も自分の家が一番危なくなったというオチが(^_^;)
福島県や宮城県の早い復興を願います、またお蕎麦や果物を食べに行きたい!

投稿: でし | 2013年3月16日 (土) 00時04分

>bad.Ⅳh-95様
社会が善い方向に前進するような機運が高まるのを応援していきたいですね。対立構造は疲れますので。

投稿: 作者 | 2013年3月14日 (木) 19時27分

 とゆーことで、どの辺かはしらん、が、相馬を放射能で
汚染した大馬鹿共は、きちんと謝れ、ヴァカ!!!

投稿: bad.Ⅳh-95 | 2013年3月13日 (水) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474160/50695510

この記事へのトラックバック一覧です: 相馬義胤:

« 歴史魂vol.11「後藤又兵衛」予告 | トップページ | 歴史魂vol.12「塙団右衛門」予告 »