« 蒲生氏郷 | トップページ | ありがとうございます »

2009年8月22日 (土)

片倉景綱

【お知らせ】

ブログ初出の作品で、単行本所収の分を再掲載します。(2012.08.26)

Kojuurou01   

Kojuurou02   

Kojuurou002_03

Kojuurou002_04_2

Kojuurou002_05_2

……誠に勝手ながら、構成を変更させていただきました。以前のバージョンでの切腹のくだりは私の創作でしたが、同じ表現の作品がすでにあるというご感想をいただきましたので、そういう表現の部分で重なってしまうのは出来る限り(本当できる限りですが)避けるのが筋と思ったので、以上の如く変更しました。

9月14日、以下の如く修正を施しました。なお8月22日公開当初のものはこちらです。

以前の展開に興趣を感じたという方には、大変申し訳ありませんが、ご了承ください。本当すみません。

…お詫びの品、というわけではありませんが、伊達政宗のことを考えてたら思いついた小品を、以下にリンクいたします。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

<武将FILE>

Kagetsuna 片倉景綱(かたくら かげつな)
「小十郎」は片倉家世襲の通称。
伊達政宗の父、輝宗の小姓として伊達家に出仕、
後政宗の近侍となり、政宗を支え続けた。
政宗発給の文書に小十郎の添え状がないと公式性を疑われるなど、その存在は内外で強い影響力をもった。江戸時代の一国一城令下でも、景綱が居城とした白石城は破却されず、明治まで片倉氏が城主を勤めた。

政宗が戦った大きな合戦には必ず従ったが、大坂の陣では病を発し、夏の陣後に没する。訃報を聞いた政宗は、「金の鎖にても、この世に繋ぎ止めておきたかった」と慟哭した。六名の殉死者をも出している。

|

« 蒲生氏郷 | トップページ | ありがとうございます »

歴史」カテゴリの記事

コメント

>カルチョ様
コメントありがとうございます。「天下の名臣」と言われる人にはやはり魅力がありますね。
伊達政宗くらいの大物になると、どうしてもその周辺を埋めないと
人物が描き尽くせない感じなので、
こんな段取りになりました。
次も本丸の政宗にはたどり着けないかも、です。

これからもご愛顧よろしくお願いします。ありがとうございました!

投稿: 作者 | 2009年10月 2日 (金) 23時10分

忙しくてコメントの書き込みが遅れてしまいました。
政宗かと思ったら小十郎伝とは!意表をつかれました。
勢力の拡大に成功した戦国大名の傍らには、必ず彼の様な忠臣がいますね。
政宗より10歳も年上で、(政宗が)幼い頃から仕えているので、他の方の書き込み同様「参謀 兼 保護者」のイメージが強いです。
秀吉の逸話に関して、現在放送中の大河ドラマ「天地人」の第一話の直江兼続が秀吉から勧誘されるシーンで「秀吉もその才能に惚れた」みたいな説明が入ってましたが、実際は、秀吉による『ナンバー2を独立させて有力大名を弱体化させるぞ!!大作戦』の一環なんですね。しかし(この漫画と同様)作戦は失敗してしまいます。
秀吉の「人たらし」も通じない武将達が居た、と言う事でしょうね。
※さりげない蒲生氏郷の「バフーン!」にちょっと感動( ^ω^ )

投稿: カルチョ | 2009年10月 1日 (木) 00時38分

コメント有難うございます。
今回私の勝手な判断で訂正を施したことで、落胆された方々には大変申し訳ありませんでした。
創作者の端くれとして、ちょっと自分を試してみたくて、
今回の訂正に踏み切ってしまいました、浅慮でした。ごめんなさい。

ご意見の通り、前のバージョンは私も気に入ってるので、後日リンクで見られるようにしておくつもりです。
ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

連休になったら、最上義光のことを調べてみようと思います。山形に行くわけでもなく、読書ですが。。

本当色々すみませんでした。今後ともご愛顧よろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2009年9月16日 (水) 23時32分

こんばんは。7日の投稿をした者です。

「切腹」のくだりについての感想は、迂闊な書き方をしてしまい、大変失礼いたしました。


小十郎に関する他の史実や逸話を見てると、「切腹」のことは、本当に史実でもその通りであったのではないかというのが自分の感想でした。
どなたが書かれても、とても創作と思えない、欠けた史実のピースそのものに思えていました。
・・・そんな風でしたので、今回の作品を読んで、ずっと探していたピースが見つかった!!と、早とちりをしてしまいました・・・。


とにかく、自分の非礼を心よりお詫びいたします。本当に申し訳ございませんでした。

(バージョンが替わって、心底残念に思ってます。。)

投稿: | 2009年9月16日 (水) 02時25分

何時も楽しく拝見させていただいてます。
小十郎VS秀吉の前回切腹バージョン
大好きだったんで見れなくなってしまったのが残念です。
どこかにこっそりリンクしていただけると
ありがたいのですがダメでしょうか?

それとよろしければ政宗の伯父最上義光も
是非とりあげてくださいあの人も面白い(?)
逸話がたくさんありますよ

ご検討していただければなぁ~と思います
よろしくお願いします。

投稿: | 2009年9月16日 (水) 01時54分

これはうかつでした…。大雑把な認識のまま記事にしてしまいました。
お恥ずかしいと同時に申し訳ありませんでした。
なにはともあれ、的確なご指摘有難うございました。
近日中にちゃんとしておきますので、何卒今後ともよろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2009年9月 9日 (水) 21時58分

いつもおもしろく読ませていただいてます。

今回の二人が大好きなので、いつも以上に楽しく読ませていただきました。

特に、秀吉に引き抜かれようとした時に、「切腹する」といって、秀吉をあきらめさせたというのは、何かの小説だけで読んでいたのですが、ちゃんと逸話があったのですね。まさに小十郎らしくて感動しました。

・・・ところで、<武将FILE>の中で、「大坂の陣中に病死する」とあるのは、夏の陣の後ではないでしょうか?大坂から帰ってきた二代目小十郎重綱を、白石城から締め出した云々という逸話があったと記憶していますが・・・。

投稿: | 2009年9月 7日 (月) 23時37分

>masa様
毎度ご感想いただき、有難うございます。
確かに景綱は肖像画もダンディで知的ですね。
そこで敢えて冒険してみたのですが、その結果、
個人的には好きなキャラデザインにできました。
政宗は小田原征伐時、24歳。溢れる血気と野望が、
自分でもどうにもならない感じじゃなかったろうか、
というイメージで描いてます。
もはや可愛くて、政宗を描くのが一番楽しいです。

成実は私も挑戦したいですが、綱元とは考えても見ませんでした。。
妄想の種を探してみます。

今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 作者 | 2009年8月25日 (火) 22時31分

管理人様

原稿の執筆お疲れ様でした。
政宗関連は妄想中とのお話だったのでまだ先かなと思っておりましたが、
景綱を主人公として早くも描くとは思いもよりませんでした。

しかし、これだと政宗がとことんおバカに見えますね。
私の中での景綱のイメージは”西郷輝彦”なので戦闘マシンのような景綱には新鮮味がありました。

管理人様が時間あれば今度は伊達三傑の「伊達成実」と「鬼庭(茂庭)綱元」も描いて欲しいと思っています。

投稿: masa | 2009年8月25日 (火) 03時51分

>武者震い侍様

ご感想ありがとうございます。
やはり仙台には伊達主従の逸話を昔語りのように伝えている所があるんですね、感動です。
そのような昔語りが地方地方にあると思うと、聞いて回りたい気持ちです。
面白い話有難うございました。そのような風土(?)を大切にして欲しいと思います。

>投稿: | 2009年8月23日 (日) 02時45分のお方様
お待たせいたしたようですみませんでした。
あまり自信のない作品だったので、
嬉しい感想が頂けて安心しました。

>モモタ様
毎度ご感想ありがとうございます。
政宗をフォローしたコメントが頂けて助かります。

次は政宗に焦点を当てて考察していきます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 作者 | 2009年8月23日 (日) 08時48分

大作、お疲れさまです。秀吉のセリフにチョイうけしました。

こうして見ると小十郎あっての政宗という感が強いですね。よい家臣をもって政宗は幸せ者です。

投稿: モモタ | 2009年8月23日 (日) 07時41分

楽しみに待っていました!
こういう感じの政宗・小十郎コンビもいいですね。素晴らしい。
お疲れ様です。

投稿: | 2009年8月23日 (日) 02時45分

はじめまして。小十郎の漫画読ませていただきました。すごくよかったです。  

私は仙台在住なのですが子供の頃(まだ高校生ですが)から政宗と小十郎のお話をよくおばあちゃんなどから聞きました。なので小十郎は政宗の保護者と言ったイメージが強いですね。

これからもがんばってください。応援してます。

投稿: 武者震い侍 | 2009年8月22日 (土) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474160/31055664

この記事へのトラックバック一覧です: 片倉景綱:

« 蒲生氏郷 | トップページ | ありがとうございます »