« 毎度のことながら・・・ | トップページ | 長曽我部元親 »

2009年1月11日 (日)

アクセス数向上の計

Naoekanetsugu_3 

直江兼続。今年の今のうちに出さなくちゃ意味がありませんので。

無礼討ちに遭った下男を生き返らせろとねじ込んできたモンスター遺族に対し、「されば左様はからってもらうよう、閻魔様に書状を書こう」といって書状を認めると、「コレをもってあの世に行って来い」と、その遺族を斬ってしまったという、ブラックなとんち話が面白いなってくらいで、それ以外には謹直なイメージが強くて妄想の余地が見つからなかったです。おそらく、「花の慶次」の直江よりカッコよく描かれた直江はいないと思うので、そちらに譲ります。もちろん「天地人」にも期待してます。

<武将FILE>

Kanetsugu001 直江兼続(なおえ かねつぐ)

越後(現新潟県)上杉家の家宰。豊臣秀吉にも「日本国の政治を任せても安心」と言わしめる程、その才を認められた名臣。有名な「愛」の前立ては、「愛民」と言った政治ポリシーの表明というより、軍神として崇拝された「愛宕権現」、或いは「愛染明王」の愛の字から因んでいると見るのが妥当だろうと思われる。しかしながら、実際領民を慈しんだ政治を行ったからこそ、今日も尚その名が慕われていると見るべきであろう。

|

« 毎度のことながら・・・ | トップページ | 長曽我部元親 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/474160/27019518

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス数向上の計:

« 毎度のことながら・・・ | トップページ | 長曽我部元親 »